文字サイズ

法人のご紹介

施設長のご挨拶

地域と家庭のつながりを大切にし、一人ひとりの人格を尊重した生活を支援します。

社会福祉法人香徳会特別養護老人ホームせきこもれびが、平成28年4月1日に開所いたしました。

せきこもれびは、ユニット型特養と申しまして、全室個室で、入居者が10人という小さな生活単位に分かれています。入居施設として8ユニット80室の個室、短期入所として2ユニット20室の個室をご用意してあります。我が家のように安心できる居場所として、ゆったりと過ごしていただき、家族とのつながりを大切にし、1人ひとりの人格を尊重した生活が支援できるよう、職員一同、日々努力してまいります。

今後ともご教示、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

せきこもれび施設長 中村秀博

法人の概要

施設名 特別養護老人ホーム せきこもれび
経営主体 社会福祉法人香徳会
理事長 齊藤 雅也
施設長 中村 秀博
所在地 〒501-3911
関市肥田瀬4027番2(関中央病院隣接)
TEL 0575-46-8000
FAX 0575-46-8200
施設概要 鉄筋コンクリート造地上3階(一部4階)
敷地面積: 2,950.03㎡
建築面積: 1,628.0㎡
延床面積: 4,170.0㎡
利用定員 100名
  • 特別養護老人ホーム:80名
  • ショートステイ:20名
居室・設備等 特別養護老人ホーム 80室
ショートステイ  20室
1階:特殊浴室、医務室、理容室
2階:一般浴室、リフト浴室
3階:一般浴室、リフト浴室
各フロアー:共同生活室
情報公開 財務諸表、定款、事業報告

運営理念

社会福祉法人香徳会理念
私たちはすべての方に喜んでいただけるヘルスケアを提供します。
せきこもれびの基本方針
地域と家庭のつながりを大切にし、一人ひとりの人格を尊重した生活を支援します。

ご利用者の権利

ご利用者が施設の中で人間としての尊厳を保ち、健やかで快適かつ生きがいのある生活が営めるよう努めます。そのために、(1)ご利用者の基本的人権が保護される介護を。(2)ご利用者が生き甲斐をもって生活ができる介護を。(3)ご利用者が安心して家庭的な生活ができる介護を。

そして施設のキャッチフレーズである、『笑顔をモットーに思いやりと心のふれあいを大切にする』ことを理念に、ご利用者が生きている喜び、明日への希望が持てるように施設での生活を支援します。

基本方針

(1) 人権の尊重
ご利用者の自己決定と選択を尊重し、誇りを損なうことのないよう個人の尊厳に配慮した良質かつ安心・安全なサービスの提供に努めます。
(2) 個別処遇の充実
職員は倫理規程に沿って職務遂行の重要性とその責任の重さを常に自覚し、ご利用者の二ーズと意思を尊重しながら、日常のコミュニケーションや生活介助により、生活の質(QOL)の向上をめざし、ゆとり潤いのある生活ができるよう努めます。
(3) 権利擁護と介護サービス計画
ご利用者の心身の状態と介護需要を把握し、一人ひとりの介護サービス計画を作成し、適切なサービスの提供に努めます。またご利用者への十分な説明と同意に基づく福祉サービス利用契約の締結と成年後見制度の活用など適切な権利擁護に努めます。
(4) 個人情報の保護
個人情報保護に関する法令、その他の規範を遵守し、プライバシー保護、個人情報保護に対する姿勢を明確にし、個人情報に関する基本規程を策定するとともに、個人情報の利用目的を特定し、公正かつ適正適切に扱うなど、個人情報の保護に努めます。
(5) 苦情・相談体制の整備
ご利用者やご家族からの苦情・相談に対しては、誠意を持って適切に対応し、また第三者委員会の活用を行うなど、苦情・相談体制の整備に努めます。

このページのトップへ戻る